• ホーム
  • クラミジアを放置すると不妊症になる可能性が高くなる

クラミジアを放置すると不妊症になる可能性が高くなる

2020年04月09日

クラミジアは有名な性感染症のひとつだと言うことができますが、この性病も他の病気と同じように、放置することによって重い病気やひどい症状を引き起こしてしまうことがあります。性感染症のなかには特徴的な症状があらわれて、すぐに感染したことがわかるものもありますが、クラミジアは無症状であることも多いので、知らず知らずのうちに感染していて放置してしまう人も少なくないのです。ですが、放置してしまえば男性も女性も不妊症の原因となってしまう可能性があるので、注意しておかなければならないと言えます。

これに感染すると男性の場合は尿道炎のような症状が起こります。尿道にかゆみを覚えたり尿道から透明な膿が分泌されたりするようになりますが、これは無症状であり気づかないことも多いと言えるでしょう。放置しておくと尿道から入り込んだ病原菌が精巣上体まで到達して、精巣上体炎を起こしてしまうことがあるのです。精巣上体炎になると精子をつくることができなくなって、不妊症の症状である無精子症になってしまうかもしれないと言えます。

女性の場合はおりものの量が増加したり、生理以外の不正出血や軽い腹痛が起こったりするという症状がありますが、男性と同様に無症状で気づかないことが多いです。気づくことができずに、子宮頚管や卵管まで病原菌が到達することで、不妊の原因となってしまうことがあります。子宮頚管や卵管が炎症を起こしてしまうと、子供を授かるために必要な機能が正常に働かなくなることがあるのです。たとえば卵管炎によって卵管の内部が癒着してしまうと、妊娠することができなくなってしまいます。このように、男女ともにクラミジアを治療せずに放置すると不妊症となる危険性があるのです。

クラミジアを放置してしまうと不妊症の原因となることもありますから、早期発見からの素早い治療が大切だと言えます。また不妊だけではなく女性の場合は卵管の機能が正常に働かなくなって子宮外妊娠を起こしてしまうこともあるのです。男性の場合は精巣上体炎からの無精子症、女性の場合は卵管炎からの子宮外妊娠や不妊症の可能性が高いので、そうなる前に適切な治療が進められるようにしてください。

クラミジアはジスロマックと呼ばれる治療薬を用いることで治すことができる性病ですので、腹痛や分泌物の変化など、些細なことでも違和感がある場合は検査をしてジスロマックを服用するようにしましょう。ジスロマックはとても効果の高い治療薬として知られており、病院で処方してもらうこともできますし、ネット通販を利用すれば自分で購入することもできるので、クラミジアの場合は症状を改善するために、いずれかの方法で入手してください。症状が悪化してしまう前にジスロマックを服用することができれば、早ければ数週間で完全に症状をなくすことができます。

クラミジアに感染したまま放置しておくと、苦しい症状に悩むことになってしまうだけではなく、子供を欲しいと思っていても妊娠や出産ができない症状を引き起こしてしまうこともあるのです。それ以外にも、妊娠することができても母子感染によって流産や死産してしまう可能性もあるので、妊娠や出産のためにはクラミジアをきちんと完治しておくことが大切だと言えるでしょう。他の性感染症と比較しても、クラミジアは感染した事実に気づくことが難しい病気のひとつだと言えます。腹痛などを始めとした些細な症状であっても、感染している恐れがあるのであれば、早く検査を受けたり医療機関を受診したりするべきだと言えるでしょう。放置してしまうと重い症状を引き起こす可能性が高いので、早期発見から治療を実施できるようにしてください。