• ホーム
  • 抗生物質にも抵抗性がある淋菌が増加しているので感染しないようにする

抗生物質にも抵抗性がある淋菌が増加しているので感染しないようにする

2020年02月05日
考える女性

性病のなかでも淋菌によって発症する淋病は、とても有名だということができます。淋菌は高温や低温など温度変化に強くありませんので、セックスによって感染することが多いと言えるでしょう。体内を離れてしまうと高温や低温などの温度変化に耐えられず菌が死滅することが多いですが、コンドームなしでセックスやオーラルセックス、アナルセックスなどを行うと体内を離れることなく感染するので、セックスパートナーに感染してしまうのです。

淋病に感染すると男性は尿道に違和感を覚えることが多いです。尿道から膿が出てきたり、排尿時に痛みを感じるようになったりするのですが、これはクラミジアの症状とも似ていると言われています。確かに症状自体は似ていますが、痛みや痒みの度合いは淋病のほうが格段にひどいので、自覚症状を持つことができる人も多いと言えるでしょう。男性が感染した場合は尿道の炎症などの自覚症状を持ちやすく、早く感染に気づくことができる傾向にあります。

その一方で女性が感染したときは、おりものが少し増えたり、稀に生理以外の不正出血が起こったりする程度で、ほとんど症状を感じないことが多いと言えるのです。女性もクラミジアと同様の症状があらわれることがありますが、男性と違って無症状であることも少なくないので、感染に気づかずに治療が遅れてしまう場合もあります。感染するような行為をしてしまった覚えがあるのであれば、症状が出ていなくても検査をしたほうが良いと言えるでしょう。

淋病は抗生物質で治療することができますが、最近では抗生物質にも抵抗がある耐性淋菌が誕生しています。これはスーパー淋菌と呼ばれており、初めは海外での感染者が多かったのですが、近年は日本でも感染者が見られているので、誰がスーパー淋菌に感染したとしてもおかしくありません。スーパー淋菌に効果のある薬は日々研究され開発されているのですが、新しい治療薬が誕生しても、それを乱用するとまたその薬に耐性のある菌が誕生するので、延々と開発と新しい菌の誕生が繰り返されることになります。感染しても効果のある治療薬があれば良いですが、まだ治療薬が開発されていないタイプのものに感染してしまうと治療することができずに重い症状を引き起こしてしまう可能性が高いです。

近頃は薬が効かない淋病も誕生しているので、初めから感染しないように予防しておくことが大切だと言えます。性行為を行う際にはコンドームの使用を徹底したり、性風俗の利用を控えたり、パートナー以外と性行為をしないことでも感染する確率を下げることができるでしょう。ですが、予防を徹底していたとしても感染してしまう可能性もあります。男性の場合は膿や炎症などの異変があれば病院を受診する必要がありますし、女性は無症状であることが多いですが、些細なことでも違和感があったり、感染している人とセックスしたことに気づいた場合は、自分も検査を受けなければならないでしょう。

淋病は完治することができる病気ではありますが、それはあくまでも効果のある治療薬がある淋菌に感染した場合の話です。抗生物質に耐性のある淋菌であれば、治療することが難しいこともありますので、その場合は淋病であることに気づくことができても、薬がなくて治療することができないかもしれません。淋病に感染しないように性行為を行う際は予防を徹底しておく必要がありますし、それでも感染してしまった恐れがあるという場合は、なるべく早く医療機関を受診して医師の指示を仰ぐようにしてください。そうしなければ、症状が悪化して完治することができなくなってしまう可能性もあるので、注意しておきましょう。